患者を助けられる整体師になるために必要な資格

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

人の悩みを聞く仕事

相談

心理カウンセラーは、簡単に言うと人の悩みを聞く仕事です。心理カウンセラーにはコミュニケーション能力も必要ですが、心の仕組みや薬剤についての高度な知識も要求されます。大学院まで学ぶのがいいですが、きちんとやれば通信講座からでも心理カウンセラーになることができます。

詳細へ

安らぎを与えてくれる仕事

治療

専門的な知識を身に付ける

運動経験者などを中心に昔から人気の高い職業のひとつが整体師です。そして、この整体師として働きたいのなら資格をいくつか取得するべきです。ちなみに、整体師が民間資格であることから関連する資格についてもバリエーションが豊富で、自分が将来どういった整体師になりたいのかをきちんとイメージした上で受験するものを選びましょう。ただ、一流の整体師になりたい場合にはあん摩師や鍼灸師の資格はぜひ取得するべきです。これらの資格は整体師資格と違って国家資格です。故に専門学校等に通う必要があることは知っておきましょう。いずれにしても、患者さんの体に直接触って施術をする整体師の仕事の特性を考えると資格試験の勉強を通してきちんと専門的な知識を身に付けることが大切です。

専門学校をきちんと選ぶ

整体師を目指す上で最も確実な方法は専門学校に通うことです。専門学校に入学すれば資格試験の対策もバッチリですし、それと併せてマッサージなどの実践的な技術も学べます。ただし、整体師は民間の資格なので専門学校ごとにカリキュラムが微妙に異なります。そのあたりをきちんと踏まえた上で自分の将来像に合った学校を選びましょう。それを考えると、東京や大阪といった都市部まで足を伸ばしてみるのもありです。都市部には数多くの専門学校が集中しているのでたくさんある中から通う学校を選べますし、結果としてそれが充実したスクールライフにつながります。もちろん、どこの学校に行っても整体師にはなれますが、学校によってどんな風に成長できるかが変わってくるのでその部分は意識しておきましょう。

視機能の専門家になる

勉強道具

視能訓練士は医療系の国家資格の1つで、視機能に関する検査や矯正訓練などの専門家です。高齢者の視機能回復をサポートするなど、リハビリ関連職としても注目を集めています。資格取得のための一般的な道筋としては、高校卒業後養成施設で3年以上学び、国家試験に挑戦するという流れになります。

詳細へ

入学するための学習方法

看護師

近年、看護学校が人気を集めています。看護師が専門職であることや、医療分野の成長性がその理由です。社会人の方の入学も増えています。看護学校にしっかり合格するためには、過去問を解いたり、模試を受けることが重要です。看護学校の出題傾向を把握し、ご自身の弱点を把握できるからです。

詳細へ