患者を助けられる整体師になるために必要な資格

勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

入学するための学習方法

看護師

問題を解きながら学ぶ

近年、看護学校が人気を高めています。その理由は、医療分野の成長性と看護師が専門職である点です。そして、現役高校生だけでなく、社会人経験のある方の看護学校入学が増加傾向にあります。特に、30代40代の社会人、男性、シングルマザーの方といった層の入学増加が顕著です。倍率が高い看護学校も少なくないことから、入学に向けてはしっかりと対策を練る必要があります。看護学校入学のために大切なのが、過去問と模試です。看護学校の入試には、一般の大学入試などとは異なり、クセがあります。お選びになる看護学校ならではの特徴もあります。したがって、過去問を解くことと模試を受けることが、非常に重要となるのです。効率よく学習するためには、問題を解きながら理解し、知識を増やすことがおすすめです。社会人の方は、勉強から離れているという方も多いでしょうから、問題を解いて、わからない部分はノートにまとめる学習方法を行いましょう。

自身と学校把握

では、模試を受けたり過去問を解く利点は一体何でしょうか。その答えは、孫子の言葉の「彼を知り己を知れば、百戦して殆からず」にあります。これは、自分のことと相手のことを知れば、負けることはないという意味です。模試を受けると、ご自身の弱点を知ることができます。「この科目のこの分野が苦手なんだな、しっかり克服しよう」と次につなげることができるのです。一方で、過去問をこなすと、相手を知ることができるのです。看護学校の入試問題は、過去問に基づいて出題されていることが少なくありません。したがって、過去問を解くことは、相手を把握することとなるのです。なお、模試は、看護系のスクールで開催されます。料金は数千円とそれほど高くありませんから、実力を測る場として活用しましょう。一方、過去問は、受験する看護学校によっては、入手しにくい場合もあります。知り合いや予備校を活用するなどを考えておきましょう。どうしても入手できない場合は、市販の過去問題集を活用すると良いでしょう。