患者を助けられる整体師になるために必要な資格

勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

人の悩みを聞く仕事

相談

心理カウンセラーとは、悩んでいる人の話を聞き、その悩みが解決するまで寄り添っていく仕事です。現在は、社会や学校でストレスや悩みを抱え込んでいる人が増えているため、注目されている分野です。悩みをただ聞いているだけではつとまらず、きちんと相手を客観的に分析してケアしなければなりません。そのためには相手と同調するのではなく、適度な距離感で冷静な判断が要求されます。心の仕組みについて医学的な見識も必要ですし、時には薬についての高度な知識も求められます。そのため、大学で学ぶだけでなく大学院で学んでおくことも大事です。ただ、学歴自体が必要というわけでもなく、通信講座でも学ぶことが出来ますが、心理カウンセラーに特化している講座を選ぶのがいいです。

心理カウンセラーには様々なタイプがいて、どれが正しいと決めることが出来ません。さらに心理カウンセラーはまだ発展途中にあるので、新しい方法も年々出てきています。ですので、初めはいろいろなタイプの講座を受けてみることをオススメします。一通り学んだあとで、自分に合ったタイプを突き詰めて学んでいくのがいいです。そして、心理カウンセラーとして十分な知識を得たら、実践することが大切です。もちろん、この段階ではプロではないので、ボランティアとして参加できる電話相談などに従事します。心理カウンセラーとして未熟なので上手くいかなかったり、時には傷ついたりすることもあります。それを繰り返すことで、自分の得た知識と現実とはギャップを体験し、今後のカウンセリングに役立てることができるのです。