患者を助けられる整体師になるために必要な資格

勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

視機能の専門家になる

勉強道具

眼科検査に欠かせない存在

医療・福祉系の職種の中には、ふだん身近に接していながら意外と知られていないものがあります。視能訓練士もその1つです。視能訓練士は、医師の指示の下に視機能に関する訓練や各種の検査を行う専門職です。その資格は国家資格となっており、資格を持たない者が名のることはできません。視能訓練士の仕事を間近に見ることのできる機会が、眼科検査です。小規模なクリニックなどでは眼科医が直接行うこともありますが、総合病院や健診機関などで行われる視力・視野・眼圧等の検査は基本的に視能訓練士が担当します。視能訓練士は1971年に制定された比較的歴史のある資格ですが、医療の複雑化に伴って近年急激に注目が高まってきました。そのため、資格を取得しておけば多方面で活躍できるチャンスがあります。

高齢化社会で需要が増加

視能訓練士になるには、指定された養成施設で必要な学課を修めた上で国家試験に合格する必要があります。養成施設での学習期間は高校卒業後ストレートに入校する場合は3年以上となっており、大学・3年制の短大・3年制以上の専門学校などで学びます。医療系の専門学校等を卒業した後で養成施設に入校する場合は、学習期間は1年以上となっています。資格取得後の就職先は総合病院やクリニックなどの医療機関が多数を占めますが、保健所などの行政機関や眼鏡製造会社などの一般企業で活躍する人もいます。また、近年ではリハビリテーションセンターでの求人も増加しています。これは、高齢化の進展に伴い視機能の衰えたお年寄りに対する回復訓練の需要が高まっているためです。